夏に気をつけたい 『ペットボトル症候群』 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > 夏に気をつけたい 『ペットボトル症候群』

商品紹介 富士の天然水

夏に気をつけたい 『ペットボトル症候群』

夏は暑いですがじめじめして湿気の多い日もよくあります。

こんな日こそ熱中症に注意しなきゃ!…と水分を摂るのはとても大事ですが、水分補給の仕方にも、実は注意が必要です。

「ペットボトル症候群」をご存知でしょうか?
ペットボトルのジュースやスポーツドリンクの清涼飲料水は、飲みやすいように糖分が入っているものが多くありますが、この様な飲み物ばかりを飲んで糖分を摂りすぎると、血糖値が上がり、血糖値が上がると口が渇いてますます水分を摂りたくなり、更に清涼飲料水を飲んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。
すると常に血糖値が上がった状態になり、急性の糖尿病になってしまうというのが「ペットボトル症候群」なのです。

商品によって異なりますが、500mlの甘いペットボトルの清涼飲料水は、2本で一日の糖分摂取量を超えてしまう事がありますので、飲む量に十分注意して、水分補給には、糖分の入っていないお茶やミネラルウォーターを摂るように心がけてくださいね

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と身体

水分補給の意味
ダイエットと水
炭酸の雑学
運動の前と後の水分補給
むくみと水分補給
冬の『隠れ脱水』2
梅雨の隠れ脱水
夏に気をつけたい 『ペットボトル症候群』
ミネラルウォーターを洗顔に!
運動する時の水分補給は「軟水」?「硬水」?
冬の『隠れ脱水』1

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ