災害と水 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > 災害と水

商品紹介 富士の天然水

災害と水

災害の為に備えておきたいものの中で、生命に直結するものと言えば、やはり【水】だと思います。
食べ物と水で比較すると、人間は食べ物が無くても皮下脂肪がエネルギーとして使われる為、3週間程度は生きられると言われています。
それに比べて水が無かった場合、3日間が限度と考えられています。

●『水』を失うと…
  災害現場で『72時間が生命維持の壁』と言われていますが、これは体内の水分が蒸発し、72時間を超えると生存率が一気に下がる為です。
  人は、『体重の約2%の水分』を失うだけで喉の乾きだけでなく、食欲不振等の不快感を起こし、『約6%』の不足で、頭痛・脱力感・情緒不安定等の症状が出て、『約20%の水分』が失われると死を招くことになるそうです。

●備蓄しておくべき水の量とは?
  成人で1日に必要な水の量は、【約3リットル】と言われており、3日分だと【約9リットル】必要です。
  「うるのん」のウォーターサーバーのお水は、ボトル1本あたり 12リットル。4人家族であれば3本で3日分となります。ウォーターサーバーは停電時も給水が可能となっており、災害時にも使用していただくことが出来ます。賞味期限も『半年』となっており、普段ご利用いただくだけでなく、『災害時の備蓄』としてもご利用いただけます。

地震大国日本に住んでいる私達は、いつ大きな災害に巻き込まれるか分かりません。
災害の意識を高め、しっかり準備していきましょう。

『ウォーターサーバーは“災害備蓄”という考え方』はこちら

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と環境

地球の水
節水を呼びかける『水の日』
災害と水
夏はシャワーの出しっぱなしに注意!
雨水の利用

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ