和食とお水の関係 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > 和食とお水の関係

商品紹介 富士の天然水

和食とお水の関係

富士山に続いて、またまた日本人の誇れる文化
『和食』 が、ユネスコ無形文化遺産への記載(登録)についての勧告をされたことが公表されましたね!

近年、海外でも健康的で美味しい食事として広まっている『和食』ですが、和食の発展は、やはり日本が【軟水】の国であることが一因とも考えられます。
例えば、和食の基本となるかつお節や昆布でとる『出汁』。軟水を使うことで、旨味成分であるグルタミン酸やイノシン酸が良く溶け出し、美味しい出汁をとることが出来ます。
硬水ですと、それらの成分が材料から出てきにくい上に、カルシウムやマグネシウムと結合して、アクになってしまいます。
和食に欠かせない『ご飯』も、軟水で研ぎ、炊き上げることで、お米の細胞が綺麗な網目構造になり、ふっくらとした仕上がりになります。
硬水で炊くと、硬水に含まれるカルシウムが食物繊維を硬化してしまい、パラパラのご飯になってしまうのです。

普段の生活の中で何気なく食べている『和食』と『お水(軟水)』の関係、この機会に知っていただけたら嬉しいです♪
これからも『おいしいお水』でおいしい『和食』を作っていきましょう!

【軟水】と【硬水】についてもうちょっと知りたいという方はこちら♪

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と食

和食とお水の関係
『葛湯』の雑学
お水とお酒の関係
『白湯』の雑学
炊飯で『ミネラルウォーター』を使うには

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ