『葛湯』の雑学 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > 『葛湯』の雑学

商品紹介 富士の天然水

『葛湯』の雑学

『葛湯』とは、「葛粉」から作ったとろみのある飲み物です。身体が温まり消化にもよいため、風邪をひいたときなどには飲んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近は片栗粉(ジャガイモのでんぷん)やコンスターチ(とうもろこしのでんぷん)で作られることも多いですが、今回は【本葛(葛の根から取れるでんぷん)】で作ったものについて調べてみました。

《葛湯のはたらき》
・発汗、解熱作用があるため、身体を温めたり、また風邪の時は熱を取る。
・鎮けい作用もあり、首や肩のこりをやわらげる。
・腸を活発にする作用があり、お通じをよくして身体の老廃物や毒素を排出する。
・とろみがあるので満腹感を与え、過食を防ぐ。
  ⇒白湯と近い働きをしますが、満腹感を与えてくれるのが、葛湯のいいところなようです。

《葛湯を飲むタイミング》
・風邪をひいて熱が出たり寒気がするとき。
・身体が冷えて温めたいとき。
・胃や腸の調子が良くないとき。
  ⇒葛湯は身体が温まり、消化にもよいため、特に具合が良くないときに飲むのがよいようです。

《葛湯の作り方》
・湯飲み茶碗などに葛粉を入れ、そこに水を入れて良くかきまぜる。
・砂糖を入れ更によくかき混ぜる。
・熱湯を入れて、半透明になるまでよく練る。
  ⇒透明にならなかったり、固まらなかった場合は、電子レンジで約10秒温め、かき混ぜてください。これをちょうど良い透明さととろみがつくまで繰り返しましょう。

現在の市販の葛粉は、イモ類等のでんぷんで作られたものが多く、本葛100%の葛粉はちょっと高級だそう。。。
白湯生活の中に、夜寝る前や調子の悪いときなど限定して取り入れるというのもいいかもしれませんね。

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と食

和食とお水の関係
『葛湯』の雑学
お水とお酒の関係
『白湯』の雑学
炊飯で『ミネラルウォーター』を使うには

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ