お水とお酒の関係 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > お水とお酒の関係

商品紹介 富士の天然水

お水とお酒の関係

【お酒】を飲む時に、【水】が重要なのをご存知ですか?今回は、『お酒と上手に付き合える水の飲み方』をご紹介します。

●お酒は脱水症状を引き起こす
  ⇒アルコールには利尿作用があります。特にビールにはホップなどの成分にもその作用があり、飲めば飲むほど体内の水分を排出して、脱水症状を起こしてしまいます。結果、お酒を飲むとやたらと喉が渇いたり、血中のアルコール濃度が高くなって悪酔いや二日酔いにつながります。
   その為、お酒を飲む時にはしっかりと水分を補給することが大事になります。

●お水を飲むタイミングと緩和できる症状
  ・お酒を飲む前の水 →お酒を飲む前の水分補給で脱水症状を起こりにくくします。
  ・お酒を飲んでいる途中の水 →お酒を1杯につき水を1杯、交互に飲むことで血中のアルコール濃度が急激に上がることを防ぎ、悪酔い・二日酔い・むくみの予防になります。
  ・お酒を飲んだ後 →寝る前にコップ1杯のお水を飲むことで、アルコールの分解を助けて二日酔いの予防になります。
 
理想は、全体で【お酒の量の1.5倍の水】を飲むことだそうです。お酒と同時に水を飲むことで、アルコールの排出を促し、肝臓への負担が抑えられ、身体への悪影響を減らしてくれます。
お酒と同時に排出されるのは、水分だけでなくミネラルも。お酒を飲む際の水分補給には、ミネラルもたっぷりのうるのんのミネラルウォーターをオススメします☆
上杉謙信の死因は、過度の飲酒と塩分過多の食生活による脳血管障害といわれています。お酒は適量を、お水を飲みながら健康的に飲んでくださいね。

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と食

和食とお水の関係
『葛湯』の雑学
お水とお酒の関係
『白湯』の雑学
炊飯で『ミネラルウォーター』を使うには

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ