アメリカの水事情 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > うるのんFacebook保管庫
  3. > アメリカの水事情

商品紹介 富士の天然水

アメリカの水事情

日本とは深いつながりのある『アメリカ』。水事情はいかがでしょうか。

アメリカの水事情は州によってかなり異なるようですが、水道水は危険と言われていた一昔前とは違い、水質基準が厳しくなった為安全性としては問題無く、日本のように飲料水や料理に使うことが出来るそうです。ただ、塩素が強くて飲めない州もあるようですので、味についてはおいしいと言えない地域もありそうです。
珍しく感じたのは、そのアメリカの66%の住民が使う水道水に【フッ素】が添加されている(フロリデーション)という事。
歯磨き粉等で、よく「フッ素配合」のものがありますが、正にその虫歯予防の為だそうです。アメリカの方は虫歯が少ないと言いますが、このおかげかも…?

そして、またこちらも州によってかなり異なりますが、アメリカの水は『硬水』である地域が多いようです。硬水はミネラル分が多く、日本人には馴染みにくいですが、例えばお料理に関して言うと、お肉料理にピッタリで、煮込むとお肉のアクを良く出してくれ、臭みも取ってくれます。アメリカの方はお肉を良く食べるイメージですが、お水が硬水のせいかもしれませんね。

2013年フィギュアスケートのアメリカ大会はデトロイトでしたが、こちらも水道水をそのまま飲める都市として、当時の東京都知事だった猪瀬さんが挙げていました。
選手の皆さんは、どのように水分補給をしたのでしょうね?

FBイメージ

水の雑学 メニューに戻る

水と環境

スリランカ
アメリカ
ベルギー
ロシア
中国
フランス
アゼルバイジャン

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ