ウォーターサーバーと水のおすすめできない扱い方 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 水の基礎知識TOP
  4. > ウォーターサーバーと水のおすすめできない扱い方

ウォーターサーバーと水のおすすめできない扱い方

ウォーターサーバーを長く安全に使うためのポイント

サーバーを導入するからには安全かつ長く使い続けたいものです。そのためにはサーバーの選択時にいくつか見ておくべき注意点があります。

・定期的な水質や設備の検査がある
 導入時のチェックだけでなく、継続的に品質管理が行われているかどうか、安全性の保証が明示されているかを見極めましょう。そうした記述がないところはおすすめできない業者です。

・サーバー内部の構造に問題がないか
使用時にサーバー内部に空気などが入り込むと雑菌も送り込むことになるため、空気混入のリスクが少ないタイプのパックか、サーバーのクリーニング機能を搭載したタイプを選択されると良いでしょう。セルフクリーニングタイプの場合は、業者が明記する適切な方法でクリーニングするようにしましょう。
こうしたチェックを経てウォーターサーバーの導入が完了しても、他に注意すべき点があります。誤った使い方をしているとサーバーが従来よりも早い寿命で故障し、事故や怪我の原因となる場合もあるので気をつけましょう。

・設置場所の注意
ボトルを取り付けたサーバーは特に重量があるため、平らで安定した床に設置しましょう。がたつきのある不安定なところだと騒音の原因やひっくり返る危険性があります。小さなお子さんのいる家庭は特に注意が必要です。
また、冷水や温水を準備するためにサーバーは放熱を行います。そのため、周囲に数十センチ程度のスペースを持たせて設置しましょう
避けるべきなのは、他の家電や家具の近くや屋外に設置することです。
たくさんの水をたたえているため家電の近くは危険があり、家具だと水で傷めてしまう可能性があること、さらに屋外に設置すると直射日光を浴び、水の傷みが早くなることからそれぞれ禁止とされています。

・蛇口の衛生管理
頻繁に触れることから一番汚れやすく雑菌の繁殖が心配される箇所です。うっかり蛇口に触れないように気をつけましょう。また温水は高温なので小さなお子さんがいる場合は取扱いに用心が必要です。

・ウォーターボトルの交換
取替え時は外気に触れることから一番雑菌が紛れ込みやすいタイミングになります。交換時は業者指定の方法に従いましょう。水の出入りがあるところは基本素手で触れないのが原則です。
ボトルの管理に関しては、設置場所同様に屋外や日光があたる所、不衛生な所がNGとされています。

上記の点に注意しながら、かつ定期的なメンテナンスを行うことで安心に、より長くサーバーを使えるでしょう。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ