ウォーターサーバーの水はNG?植物の発育によい水とは? | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 水の基礎知識TOP
  4. > ウォーターサーバーの水はNG?植物の発育によい水とは?

ウォーターサーバーの水はNG?植物の発育によい水とは?

人体に大変良いとされるミネラルウォーターですが、賞味期限切れまたは飲みきれなかった水を捨てるのが惜しいと、植物に与える方もいらっしゃるそうです。
結論を先に述べると、肥やしさえしっかりしていれば高硬度のものを多量に与えたりしない限り、ミネラルウォーターでも問題ないそうです。しかし、ミネラルウォーターをあげたからといって発育促進するかというとそうではありません。

植物にいいのは「軟水」?「硬水」?

ミネラルウォーターは水道水のような「軟水」と異なり「硬水」であるため、植物に与えてよいものかどうか迷う部分もあるそうです。そうした質問に対しても、「水道水でよい」、「ミネラルウォーターでも問題ない」、「ミネラルウォーターは避けるべき」など回答が一致しません。

ミネラルウォーターに含まれる硬度の正体はカルシウムやマグネシウムであり、植物の発育には欠かせない成分です。
そのため、土壌に多量のミネラル分を含んでいるので、ミネラルが植物に良くないわけではありません。
しかし、多量にミネラルを投与するとやはり悪影響が出るようで、発育が不十分となる可能性もあるそうです。多量に与えても吸収されず固化してしまうなど、その効果もあまり期待できそうにありません。

あげること自体は問題のないミネラルウォーターですが、ウォーターサーバーの残り水をあげる際には注意が必要です。温水・冷水に分かれているためそのまま与えると植物に負担をかける恐れがあります。必ず常温にしてからあげるようにしましょう。

ただし、水道水よりミネラルウォーターのほうが優れているというわけでもなく、水道水に含まれる「塩素」の殺菌効果によって土壌の最近・ウィルスを防ぎ、病害予防が期待できるそうです。
日本はもともと軟水が多く、植物もそれに併せていることから軟水である水道水でも何ら問題はないわけです。
余談ですが、外国では植物への水を確保するため硬水を蒸留し、わざわざ軟水にするところもあるそうです。

結局どちらの水が植物にとって良いのか

前述の通り、どちらをあげても植物に問題はないということがわかりました。
普段は水道水をメインに使い、消費できなかったときだけミネラルウォーターを与えるようにする。こうした使い分けで対応するのが無理のない方法だと思われます。

水遣りのためだけにミネラルウォーターの購入を考えられている場合は、一度ご検討いただくと良いかも知れません。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ