困難な水害を日本人魂で克服!「治水」と「利水」 | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 水の基礎知識TOP
  4. > 困難な水害を日本人魂で克服!「治水」と「利水」

困難な水害を日本人魂で克服!「治水」と「利水」

水は日本人のあらゆる営みにおいて不可欠な存在です。
水は日本人に豊かさをもたらす一方で、時には災害として人に襲い掛かる恐ろしい一面を持っています。 特に日本は周囲を海に囲まれた上に雨や地震が多く、昔から海・川などの水害や土砂災害に悩まされてきました。
こうした危険性を抑制するために、取り組まれた対策が「治水」です。
水を制御し、安定した資源として利用する対策を「利水」、土砂による災害を防ぐ方法を特に「治山」といい、治水はこの二つを包括した広い意味を持つ用語として使われます。
日本は地理的な理由から水害・土砂災害に遭いやすく、その対策も特殊かつ困難と言われ続けてきました。

日本の治水は困難?先達が挑み続けた水との戦い

日本の治水は弥生時代より始まったといわれています。
洪水を避けるため、河川から離れた扇状地に集落を築いて水田を営み、集落周辺には排水路や土手を施した跡が残っています。

時代の遷移につれて土木技術等が進歩し、それに伴い治水技術もより近代的で確実なものへとシフトしていきました。

堤防や放水路、遊水地などの施工と河岸補強・治山対策を進める一方で、市民の安全を守る避難訓練や有事における緊急対策が講じられています。
このように、国が率先して被害を最小限に抑える対策に乗り出して現在に至ります。

今後の地域発展においても、過去の経験や治水を前提とした建築基準や都市計画の下、安全な街づくりが勧められていくことは間違いありません。

治水の下になしえた利水とは?

河川や湖沼、遊水地などから水を引き、その水を生活に利用することを利水といいます。

治水事業が進む中、江戸時代には町内へ水を供給するための「上水」の整備が進み、これを皮切りに日本全国で水道が建設されるようになりました。ちなみに上水は飲料水を供給する設備を指します。
これに対して明治時代に敷設された「下水道」はよく知られるとおり、汚水や雨水を排出するための設備を指し、施設で浄化等の水処理を行います。

こうした生活用水とは別に製造やその他工業関連で使用することを目的とした工業用水道があり、こちらは飲用や衛生など人体に触れる用途ではないため、その水源は河川からの直接取水または下水処理場の排水となっています。

このように治水技術によって安全に水を利用できる環境を作り出し、利用する水資源もその用途に応じた水道が設けられているなど、長い歴史で培われたたくさんの工夫が見受けられます。

その恩恵を受けられることに感謝しつつ、治水の歴史を知ることが限られた水資源の使い方を見直すきっかけになればと思います。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ