水の温度がおいしさの決め手になる | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 水の基礎知識TOP
  4. > 水の温度がおいしさの決め手になる

水の温度がおいしさの決め手になる

人の味覚は主に「甘さ」、「しょっぱさ」、「すっぱさ」、「苦さ」を感じますが、とくにおいしさに関わる「甘さ」は温度の影響を大きく受けます。意外と知らない人が多いとおもいますが、実は、水の甘さ、おいしさも同じく、この温度の影響に左右されています。言うまでもなく、成分的に元々のおいしさというものもありますが、意外と知られていないのがこの温度による味の変化なのです。

体にも良くて、おいしい!!

暑い夏はキンキンに冷えた水がおいしいですし、甘みを感じるときはだいたい人肌の温度である36度だと言われています。しかし実際は、冷たすぎる水や人肌と同じ温度の水はおいしい水ではありません。冷たすぎる水は、甘みがなくて、とくに胃腸に負担をかけてしまうため、体によくありません。その一方で、温かい水は甘いのですが、冬場であったとしても、おいしいっ!と感じることはないでしょう。

もちろん味覚は個々人で違っていますし、おいしさの感じ方に違いがありますので、ここでは一般的に考えられているおいしい温度について説明していきます。

体にも良くて、おいしいと感じられる水の温度は、5度~12度と考えられています。夏は5度に近い冷たさがおいしく、冬は12度に近い温度がおいしいように季節によって違いはあります。おいしい甘い水が好きな方は常温の15度~17度が一番よいでしょう。

水の種類によってもおいしい温度が違う!!

◯硬水
夏は7度~10度、冬は12度~15度がおいしい温度帯になっています。硬水にはミネラルが多く含まれているので、軽く冷やすととても飲みやすくなりますが、逆に冷やしすぎると苦味が出てきます。

◯軟水
夏は7度~12度、冬は15度~18度がおいしい温度帯とされています。軟水には含まれているミネラルが少ないので、常温が一番おいしく感じられますが、やはり夏は冷やした方がおいしいです。

◯スパークリングウォーター
炭酸入りの水は7度~12度がとてもおいしい温度になります。温度が高くなると、炭酸が抜けてしまうので、冷えていた方がもちろんおいしいですね。い夏場にみなさん感じることだとおみおますが、少し冷やした時に炭酸の刺激と相まって飲みごたえがあります。しかし逆に冷やしすぎると炭酸が強くなりすぎて口に合わなくなってしまいます。

どんなに成分的においしい水であっても、温度が適切に保たれていないとその美味しさが半減したり、まったくなくなってしまいます。ミネラルウォーターは健康にとって色んな好影響を与えるので、飲み続けるために温度調節という一工夫をしてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ