妊婦さんも安心!ウォーターサーバーで水の安全を確保 | | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 水と健康TOP
  4. > 妊婦さんも安心!ウォーターサーバーで水の安全を確保 |

水と健康:妊婦さんも安心!ウォーターサーバーで水の安全を確保

妊婦さんになったら水分補給の見直しを!

妊娠すると今までの生活とは異なり、さまざまなことに気を使わなければいけなくなります。お母さんの行動がダイレクトに赤ちゃんに影響するため、お母さん自身も大きな不安やストレスの中で過ごさなければならなくなります。そのためお母さんにまかせきりにするのではなく、健康な赤ちゃんが生まれてこられるように周囲が揃ってお母さんや生活環境を整え、支えてあげるのが理想とされます。

話がそれましたが、「水」も妊娠中に気を使うべき大きな要素であり、普段どおりに水分補給をすることが危険につながる可能性があります。
水分補給には、「水道水」、「ミネラルウォーター(天然水)」、「RO水(純水)」が考えられます。これらがそれぞれ妊婦にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

さまざまな水が妊婦さんに与える影響とは?

もっとも身近に存在するのが「水道水」です。ただし、直接水道水を飲むのは得策ではありません。その理由は主に塩素の存在です。殺菌目的で塩素が使われますが、この塩素は発がん性物質の「トリハロメタン」を産生するという報告があります。通常人体に影響があるほどではないでしょうが、胎児への影響を考えるとやはり不安がぬぐえません。

それなら「ミネラルウォーター(天然水)」はどうでしょう。ミネラルの含有量で「硬水」と「軟水」に分けられます。どちらも飲むことに胎児へのリスクなど報告はないとのことです。ただし、妊娠中だとミネラルによる腎臓への負担が少なからずあるため、体が過敏になっているようであれば軟水を選び、水分不足によるミネラルの不足が感じられる場合は硬水を選ぶなど、使い分けましょう。

最後は「RO水(純水)」です。ROとは逆浸透膜と呼ばれるフィルターのことで、これでろ過された水のことをRO水といいます。水以外の不純物が一切混じっていない純水です。人体に有用なミネラルも除いてしまうため、ミネラルウォーターより風味などが劣ります。
ただし、胎児や出産後の赤ちゃんのミルクの用意などにはこのRO水が適しているとされます。
純水なので体に負担がかからないことや、ミネラル分の摂取が負担になる乳幼児でも心配なく使用できることがその理由です。

ズバリ!選ぶなら?

一番心配なく取り入れられるのはRO水でしょう。
一般には専用の浄水器を取り付けるか、RO水のウォーターサーバーを設置するかの2択になります。
専用の浄水器はコストがかかり、メンテナンスも手がかかるのであまり普及していると聞きません。
そのため、RO水を希望する際はウォーターサーバーがよいでしょう。

うるのんの「やわらか水」ならろ過で失ったミネラル分をバランスよく配合して提供するサービスがあるため、妊婦でも安心して飲むことができます。さらに便利なのは常時冷水・温水を使用できるため乳幼児のミルクを作る際にも活用できます。ぜひお気軽にご相談ください。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ