お風呂や洗顔にも?軟水と硬水での違い | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

ウォーターサーバー・水宅配なら「おいしい水の贈りもの うるのん」

  • お電話でのお問い合わせ 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
  • ネットからカンタン購入
    • 新規お申込み
    • 追加ご注文
  1. ウォーターサーバー・宅配水TOP
  2. > 水を知る・学ぶ
  3. > 軟水と硬水TOP
  4. > お風呂や洗顔にも?軟水と硬水での違い

お風呂や洗顔にも?軟水と硬水での違い

軟水と硬水の違い

一般的に日本で多く使われている水は軟水であり、欧州などで多く使われている水は硬水だと言われています。

水を大きく分けると、軟水と硬水に分ける事ができるのですが、この二つの水にはどのような違いがあるのでしょうか。
それは、水に含まれるマグネシウム及びカルシウムを合わせた硬度の違いにあります。
軟水に分類される水は、マグネシウム及びカルシウムの量が100mg未満であり、硬水に分類される水は100mg以上です。
しかし、この基準は日本における分類基準であり、他国の基準も日本と同じであるとは限りません。

ちなみに世界保健機関では、120mg未満の硬度であれば軟水、120mg以上の硬度であれば硬水という基準を設けています。
どちらの基準にしても硬度の数値が低ければ低いほど口当たりがよくなめらかな水であるため、軟水の方が胃腸への負担が最小限に抑えられ、身体への吸収率も良いのです。

ウォーターサーバーの水の種類

このように、軟水は硬水に比べ軽く飲みやすいといったメリットがあり、料理などにも軟水が適しています。
飲み水や料理などに水道水ではなく、ウォーターサーバーの水を使っているという家庭は年々多くなってきていますが、サーバーを扱うメーカーによっても扱う水の種類は様々です。
主な種類として、天然水、微細孔フィルターを通してろ過されたRO水、RO水に人口ミネラルを加えた水があげられます。
サーバーを選ぶ際は月額料金やメンテナンス内容などに目が行きがちですが、水の種類も重要ポイントとなってきます。
ウォーターサーバーを設置しているご家庭では、サーバーの水は飲み水としてだけではなく料理やお風呂、顔を洗う際など水を使うあらゆるシーンで活躍しています。

水道水をウォーターサーバーの水に変えてみよう!

肌の弱い人にとって水道水は、刺激が強すぎて肌荒れの原因になる可能性があります。
肌の弱い人は特に試していただきたいですが、洗顔をする際の水を水道水ではなくサーバーの水に変えるだけで洗い上がりがいつもよりサッパリ、スッキリ感じる事が出来ます。
また、こだわりを持っている人は浴槽に溜める水にもサーバーの水を使っています。
水道水が原因で背中ニキビが出来てしまったり、アトピーの症状が悪化したという人も、個人差はありますが浴槽に溜める水を水道水ではなくサーバーの水に替えるだけで、いつもより深い眠りにつけた、肌触りから違ったなどという声がありました。
いつもは水道水を使うところを軟水使用のサーバーの水に替えて色んな場面で使ってみてください。

関連ページ

水を知る・学ぶトップへ戻る

うるのんのお申し込みはこちら

  • パソコンの方はこちら お申込みフォームへ
  • スマートフォンの方はこちら
  • お電話の方はこちら 0120-737-113 9:00~18:00(年中無休:365日受付)
ページトップ