おいしい水の贈り物 うるのん

軟水と硬水

水には「硬度」がある

水には「硬度」があるのイメージ画像

水には、大きく分けて「軟水」と「硬水」の2つがあります。違いはカルシウムやマグネシウムの含有量で、硬度で表します。
カルシウムやマグネシウムの量が少なく硬度の低いものが「軟水」=やわらかい水。反対に硬度の高いものが「硬水」=硬い水とされます。
一般的には硬度100mg/L以下が「軟水」、300mg/L以上が「硬水」、そして中間の100~300mg/Lを「中硬水」と呼んでいます。

日本の水は「軟水」が多い

日本の水は「軟水」が多いのイメージ画像

日本の水には「軟水」が多く、欧米では「硬水」が多いと言われています。この違いには大地を形成している物質や、地形が関係していると考えられています。
雨が多く、地下水の滞留時間が短い火山性の地層が多い日本では、土地も狭く傾斜が急なため、川の水もすぐ海に流れ出ます。そのためミネラル分をあまり含まない軟水になります。
一方、石灰質の地層が多い欧米では、カルシウムが豊富な地層を地下水がゆっくり通り抜けます。広い大地を悠々と流れた川の水は、ミネラルを多く含んだ水として海にたどり着きます。
また同じ日本でも、関東より関西の方がよりやわらかい軟水であり、沖縄には硬水が多いなど地域によっても違いがあります。

文化や生活の違いも水から!?

文化や生活の違いも水から!?のイメージ画像

「軟水」はそのままでも飲みやすく、緑茶の味や香りを引き出すのにも適しています。日本で茶道が発達した理由に水が関わっているとしたら、水とはなんと奥の深いものでしょう。
一方、「硬水」はミネラルを多く含みますが、水をそのまま使う料理にはあまり向いていません。硬水が多く採水されるヨーロッパでは、水をそのまま使う料理よりも、油で炒めたり、ワインや牛乳で煮込む料理が多いのはこのためと言われています。
食文化の背景にも水が関係していると言えそうです。


水を知る・学ぶ

ネットから簡単購入

PAGE TOP

TOP > 水を知る・学ぶ > 軟水と硬水