おいしい水の贈り物 うるのん

万が一のときも安心 「ウォーターサーバーは“災害備蓄”」という考え方

災害などの不測の事態がおこったとき、電気、ガス、水道のライフラインが寸断されると復旧に約3日間かかるといわれています。
2011年の震災をうけて、もしものための備えをしている方は多いと思いますが、その中で生命に関わる「水」は、みなさんどの程度備えているでしょうか?
水は生命維持のために欠かせないもの。
普段の生活を豊かに便利にしてくれるウォーターサーバーを不測の事態がおこった際の災害備蓄として考えてみてはいかがでしょうか?

成人は1日3リットルが必要

成人は1日3リットルが必要

備蓄する飲料水の目安は、1日1人3リットルを基本に「3日分程度」と言われています。
家族が複数いる場合は、「家族人数×3リットル×3日分」となり、4人家族の場合は、36リットルが必要となります。
うるのんのウォーターボトルは1本で12リットル。1本あれば4人家族約1日分の備蓄量になります。

停電時も使用可能

停電時も使用可能

うるのんのウォーターサーバーは停電時も水の給水は可能です。
冷やす・温めるは電気で行っていますが、水は圧力を利用しているで、災害時でも安心してご利用いただけます。
※ウォーターサーバーGrandeについては、停電時に給水機能含め、ご使用いただけません。また、スタンダードサーバーは停電時でも給水は可能ですが、冷却・加熱機能はご使用いただけません。

賞味期限は半年

賞味期限は半年

うるのんのお水の賞味期限は半年です。
災害時の備蓄としても十分ご利用いただけます。


ネットから簡単購入

PAGE TOP

TOP > 災害備蓄