水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

ウォーターサーバーで白湯作りが簡単に!白湯で健康効果を実感しよう

2020/02/06

「白湯って健康に良さそう」 「でも忙しいし、自宅で白湯を作るのはちょっと面倒かも……」 こんな悩みを抱えた方におすすめしたいのが、ウォーターサーバーを使った白湯作りです。 今回は、白湯の定義や期待できる効果、ウォーターサーバーが白湯作りに適している理由をわかりやすく解説したいと思います。

白湯とは?

白湯とは、いったん沸騰させたお湯を、普通に飲めるぐらいの温度まで冷ましたものです。湯冷ましという言葉も、白湯と同じ意味合いになります。

ちなみに日本で古くから飲まれてきた白湯は、約5,000年の歴史があるスリランカやインドの伝統医学、アーユルヴェーダとの関わり合いがあるといわれています。

白湯の健康効果とは?

白湯を飲む習慣を続けると、美容や健康面における次のような嬉しい効果が期待できます。

◇ 冷え性の改善効果

人間の体温に近い白湯は、飲んだあとにゆっくりと体温を上昇させてくれます。そのため、白湯を飲むことで無理なく体の冷えが改善する可能性があります。

◇ 食欲の増進効果

消化機能の低下などで食欲がない人にも、白湯はとてもおすすめです。体の温度に近い白湯は、胃腸にあまり負担をかけることなく吸収できる飲み物だからです。

冷たいジュースなどの飲みすぎによって内臓が冷えて消化機能が低下しやすい夏場は、食欲減退から夏バテなどの不調が起こる場合もあります。そんなときは、ぜひ白湯で胃や腸を温めてみてください。

◇ ダイエット効果

白湯を飲むことで生じる体温上昇や内臓の働きの活性化は、基礎代謝を上げることにつながります。基礎代謝とは生命維持に使われる消費カロリーのことで、この基礎代謝を上げることが、ダイエットの成功を後押しします。

血液循環や呼吸などで使われる基礎代謝が高まると、負荷の大きな運動を頻繁におこなわなくても体重が落ちやすい体質になります。

◇ リラックス効果

副交感神経に作用する白湯は、精神的なストレスや不眠などに悩む人にもおすすめの飲み物です。人間の体に備わった自律神経には、交感神経と副交感神経という2種類があります。そのうち副交感神経は、心拍数を下げたり体をリラックスさせたりといった、安眠に欠かせない役割を担っているのです。

そのため、ストレスなどで精神的に疲れていて、「リラックスしたい」「ぐっすり眠りたい」といったときには、冷たい水ではなく白湯を飲むことをおすすめします。

◇ 免疫機能の向上効果

白湯には、体の免疫機能を高める効果もあります。免疫機能を向上させるには体温を下げないことが大事な条件であり、そのためには体温を上昇させてくれる白湯が活躍するというわけです。インフルエンザや風邪が心配な冬に大活躍するはず。

また、大人の免疫力の7~8割は腸とも関係しているため、胃腸の機能を整える白湯は、多方面から風邪などの予防に効果を発揮することが期待できます。

忙しい人におすすめ!ウォーターサーバーを使った白湯作り

医師などが紹介する一般的な白湯の作り方は、次のとおりです。

  1. ヤカンに軟水を入れる
  2. 水道水を使う場合は、10分以上ゆっくり沸騰させる(水の不純物を取り除く目的もある)
  3. 人肌と同じ、もしくはそれ以下になるまで冷ます

白湯を作るときに軟水を使う理由は、カルシウムやマグネシウムといったミネラル含有量の多い硬水の場合、飲みづらさを感じたりお腹の調子を悪くしたりする可能性があるからです。
特にマグネシウムは水の分子と結合しやすく、大腸内で便の中に水分を引き寄せる効果があります。便を柔らかくしてくれるのですが、これがお腹の緩さにつながってしまうことが考えられます。

白湯を冷ます温度は、30~40度が目安とされていますが、多少は自分好みに加減をしても問題ありません。

◇ 簡単!ウォーターサーバーを使った白湯の作り方

適温の白湯が飲めるまでに30分近くかかってしまう一般的な作り方は、多忙な人にとっては少し実践しにくいかもしれません。そこでおすすめしたいのが、温水と冷水をすぐに出せるウォーターサーバーを白湯作りに活用する方法です。

80~90度ぐらいの温水に冷水を混ぜるだけなので、冷ます時間は不要です。飲みたいときにすぐに白湯を作れるという魅力があります。

白湯との関わり合いの深いアーユルヴェーダには、冷水を混ぜてはいけないというルールもあるようです。ただ、ここでは簡単・手軽に作れるという利便性を重視したいので、ウォーターサーバーを使った作り方を推奨しています。

◇ ウォーターサーバーの白湯でも効果はあるの?

日本のウォーターサーバーの水は、多くの専門家が白湯作りで推奨する軟水なので、普通の手順で作ったときと同様の効果があるといえます。また、精密フィルターによる不純物や異物のろ過や加熱殺菌もおこなわれているので、衛生面でも安心です。

白湯の正しい飲み方

◇ 白湯を飲むタイミングは朝と夜がおすすめ

白湯は、起床後と就寝前の摂取がおすすめです。

深い睡眠によって低下した体温や血のめぐりを活性化するには、朝に飲む1杯の白湯が効果的です。そして、眠る前に飲む白湯には、副交感神経を優位にして快眠をサポートしたり、脱水を予防したりといったメリットもあります。

◇ 白湯を飲むときの注意点

1日における白湯の摂取量は、800ml程度を目安にしてください。たとえば、起床後と就寝前にコップ1杯の白湯を150mlずつ飲んだ場合、日中に残りの500mlを飲むようにします。

白湯はデトックス効果が高いので、たくさん飲みすぎると必要な栄養素まで流れ出てしまう可能性もあります。人によって個人差はあると思いますが、800mlという摂取量の目安を守ったほうが安心です。また、ゴクゴクと一気飲みするのではなく、ゆっくりと味わって飲むことも大事なポイントです。

まとめ

多くの医師が紹介する白湯には、次のようにたくさんの健康効果があります。

✔    冷え性改善
✔    リラックス効果
✔    免疫力アップ
✔    食欲増進

また、基礎代謝の向上によりダイエットにも良い影響がある白湯は、美への関心の高い女性にもおすすめの飲み物です。

普通、白湯を作るならお湯を沸騰させてから冷ますという手間がありますが、ウォーターサーバーを使えば、温水と冷水を混ぜるだけで簡単・手軽に白湯を作れます。ウォーターサーバーはお湯を沸騰させているわけではないので、厳密にいえば白湯の定義からは外れますが、得られる健康上のメリットは変わりません。

簡単に白湯を作れるウォーターサーバーを使って、体の中から健康を目指してみてはいかがでしょうか?

参照元