水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

疲れやストレスを感じたらウォーターサーバーで炭酸水を補給!

健康に良いとされる「炭酸水」。スパークリングウォーターとも呼ばれ、スーパーやコンビニなど店頭でよく見かけられます。 真水に二酸化炭素が溶け込んだものを炭酸水と呼び、糖分や塩分は一切含まれていません。飲料用だけでなくエステなどにも使われる炭酸水ですが、具体的にはどのようなはたらきが期待できるのでしょうか。

炭酸水が健康へもたらすメリット

炭酸水を飲んだときに健康に与えるメリットは主に以下の通りです。

1.血行を良くする
 含まれている二酸化炭素が胃や腸壁から吸収され血管に取り込まれます。その結果血液は二酸化炭素を排出しようと血管を拡張させるため、末梢・毛細血管までしっかり血流が行き渡るとされています。
 血流促進により代謝機能が上がるためダイエットにも期待でき、さらに体内の老廃物除去も促進されます。
 同時に疲れやストレスを感じたときに飲むと、筋肉に溜まる疲労物質である乳酸を体外に排出するよう働きかけるため、疲労回復も期待できます。

2.便秘解消
炭酸による胃への刺激によって腸の蠕動運動が活発になり、排便の動作がスムーズになります。
起床時に炭酸水を飲むと排便促進のはたらきがあり、便秘対策になります。便秘の解消に伴い体内の毒素を排出するため、美肌にもいいとされています。

3.ダイエット
炭酸により胃が膨張し、その結果満腹中枢への刺激が発生するため、食べ過ぎによるカロリーの過剰摂取や不規則な食事・間食を防ぐことができます。

こうしてみると良いこと尽くめの炭酸水ですが、注意すべき点があります。それは飲みすぎによる「腹痛」や「炭酸酩酊」です。炭酸酩酊とは文字通り、炭酸の過剰摂取による酔っ払った状態のことです。
注意の仕方は簡単。一度に1~1.5リットル以上飲まないこととされています。あくまで目安ですが、一気に摂取せず、少量ずつ飲むのが間違いのない方法とされています。
また、人によっては下痢を引き起こす可能性など、体調に影響する心配があるので注意しましょう。

炭酸水を常備する楽な方法

今や炭酸水はどこでも購入できますが、購入して家まで運搬するのも人によっては大きな負担になります。
その際、大きな助けとなるのが炭酸水マシンとウォーターサーバーです。家庭で簡単に炭酸水を作れるマシンは今とても人気が出ています。また、ウォーターサーバーはミネラルウォーターの宅配で導入される家庭が多く、防災用の水の備蓄方法としても注目を集めています。

炭酸水をペットボトルで購入すると、開けてすぐに飲まなければどんどんガスが抜けてしまいますが、家でウォーターサーバーと炭酸水マシンを使えばいつでも作り立てのシュワシュワしたおいしい炭酸水を楽しむことが出来ます。

炭酸水を常備したい方は、導入を検討してみるのもいいのではないでしょうか。