水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

昆布水でカンタン・おいしい手料理&健康に!

昆布

昆布と言えば「だし」の定番ですよね。しっかりととった昆布だしを使った料理はとっても美味しくなりますが、忙しい方はつい市販の顆粒だしなどで済ませてしまう事も多いのではないでしょうか。でも、煮込まなくても水につけておくだけで出来る昆布水なら簡単!料理をおいしくするだけでなく、健康にもいいんだとか…!

昆布水で肥満や生活習慣病を改善!?

運動もせず、食べたい物を好きなだけ食べる生活を送っていると必ずと言っていいほど肥満になります。
また、肥満は糖尿病などの生活習慣病を引き起こす元になります。

生活習慣を見直すのは中々難しいため、肥満から抜け出せずにいる人は多いはずです。
しかし、そんな人でも普段の料理に使う水を昆布でとった水に変えるだけで生活習慣病からの脱出も夢ではありません。

生活習慣病と言われている糖尿病を患っている人というのは塩分の摂りすぎに注意が必要なのですが、味気ない食事ばかりでは満足できないはずです。

簡単昆布水で旨味と栄養成分をしっかり抽出

そこで、料理に欠かせないのがだし汁です。
だし汁には昆布や鰹節などの天然ミネラルが含まれているため、料理にうまみが加わるので少ない塩分でも満足できる味に仕上がります。
ただ、1日3回の食事を家でとるとなると、だし汁を作るのも面倒な作業になってきてしまいます。
ですから鰹節や昆布をじっくり煮込みだしを取る方法ではなく、昆布を水につけておくだけで出来てしまう昆布水をお勧めします。

作り方は簡単!
【用意するもの】だし用昆布10g、水(ミネラルウォーター)1L、昆布水を入れるポット
 1.昆布をキッチンバサミなどで細く切る
 2.ポットに水を注ぎ、その中に1の昆布を漬ける
 3.3時間~1晩ほど漬けておけば出来上がり


昆布には、血糖値や高血糖の上昇を抑える、体重増加を抑えるなど他にも様々な効果があるグルタミン酸という成分が含まれています。
このような健康成分を含む昆布の水はとても簡単に作る事が出来ますし、1度作ってしまえば10日~2週間ほど、冷蔵庫での保存が可能です。

ウォーターサーバーの水でおいしい昆布水を作りましょう

そして、美味しい昆布の水を作るために相性の良い水は水道水ではなく、ウォーターサーバーの水です。

ウォーターサーバーを扱うメーカーによっても使用している水には軟水と硬水の違いがあるのですが、昆布でだしを摂る場合は抽出力の強い軟水をぜひ使ってください。
昆布の栄養素をたっぷり含んだ水をそのまま飲むのも良いですが、水を使う料理の時にただの水ではなく昆布の栄養を含んだ軟水に変えるだけで、いつもの料理がさらに美味しく感じられます。

例えば、ご飯を炊く際の水や味噌汁やカレー、肉じゃが、スムージーなど料理のジャンルを問わず、水を使う料理には全て使う事が出来ますので是非試してみてはいかがでしょうか。
また、昆布のだしを取った後のだしがらにも栄養がたくさん含まれているので、だしを取ってすぐに捨ててしまっている人は、だしがらも料理に上手く活用してみてください。

軟水のサーバー水と昆布というちょっとした工夫で、より料理は美味しくなります。