水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

ウォーターサーバーで病気予防!水分補給で医者いらず

2019/03/11

人間には本来自然治癒力が備わっており、それによって体内の恒常性が保たれています。その治癒力の要となっているのが「血液」です。 血液が滞りなく全身すみずみまでいきわたることによって、体は健康でいることができるわけですが、血液がドロドロになったり、構成バランスが崩れたりすると瞬く間に体が変調し、病気になります。 血液を健康に保つ上で最重要とされるのが「水分補給」です。体内の7割近くが水であるため、不足すると体内の機能が十分に働きません。 驚くことに、水分補給によって予防できる病気がたくさんあります。「病気は治療よりもまず予防することが大事」といわれますが、予防医学において水は大きなファクターとなっているのです。病院によってはウォーターサーバーを置き、患者が自由に水分を摂れるよう計らっているところもあるそうです。

水は万能薬?水分補給でできるリスク回避

一見簡単とも思える水分補給ですが、その恩恵は絶大です。

  1. 脳梗塞、心筋梗塞
    水分補給により血液をサラサラに変え、血栓の発生および血管のつまりを防ぎます。
  2. 糖尿病
    血糖値があがると頻尿になり、水分の排出に伴って血液の粘りが高くなっていきます。
    水分を摂取することで血液の流れを改善します。
  3. 痛風
    水分摂取により上昇した血中の尿酸値を減少させ、症状を抑えることができるといわれます。
    その際必要な水分量として1日2リットルが推奨されています。
  4. 尿結石
    5mm以下の小さな結石であれば、尿によって排出される可能性が高いとされています。
    その際必要な水分量として1日2リットルが推奨されています。
  5. 膀胱炎、腎臓炎
    尿の排出によって尿路感染を防ぐことができます。
    そのために適度な水分補給が効果的です。
    尿路感染が膀胱炎の原因となりそこから腎臓炎に発展していくため、尿路感染予防が両方の予防となります。
  6. 便秘
    代謝機能を上げ腸内環境を整えること、そして便に水分を含ませることで排便をスムーズにします。
  7. 肩こり、頭痛
    血液の粘度が高く、循環が阻害されると筋肉中に疲労物質や老廃物が溜まり、痛みを引き起こします。
    水分補給と適度な運動により、こうした物質を除去することができます。
  8. 二日酔い
    お酒を飲む前後に水分を摂取することで、血液中のアルコール濃度を下げることができ、また排尿による水分不足を防ぐことができます。
    これにより血液の粘度を下げ、二日酔いの症状を防ぐことができます。

以上のように、水分補給だけでこれだけの症状を予防することができます。もちろん、生活習慣を正すのが前提であるため、水分補給+習慣改善を図ることが健康維持の秘訣です。

参照元

カテゴリから記事を探す

人気記事ピックアップ