水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

水は腐らない?水が腐る原理について

水道水をコップやバケツに数日間入れた状態で放置していたことはありませんか?もし見たことがある人は、そのとき水が濁って腐っているように見えていたとおもいます。 ですが、水は無機物なので、科学的に水自体つまりH2Oが腐ることはありません。腐ってしまい異臭を放つようになってしまうのは、水の中に含まれている微生物の影響が原因となっているのです。 完全に純粋な水でしたら腐ることは絶対にありませんが、普段の日常生活でみなさんが利用している水道水などの水の中には、微量ではありますが、不純物が含まれています。これが原因となって、水を入れて放置する状況と期間によりますが、腐ってしまうこともあるのです。

水道水って実は?

蛇口から出る水道水に、塩素が含まれていることはご存知でしょうか。
水道水に塩素を含むことは義務付けられており、目的は細菌などの不純物の繁殖を防ぐことにあります。実はこの塩素には、人体に有害な影響を与える大腸菌や病原体を消滅させる働きがあるのです。
もちろん全ての不純物の繁殖を抑えられるわけではありませんが、かなりの効果を発揮しているので法律で定められているのです。
しかしながら、塩素の臭いはプールの臭いでわかるとおもいますが、独特で鼻にくる臭いなので嫌いな人が多く、浄水器を設置することで、この塩素を取り除いている家庭が多いとおもいます。

しかしこの塩素を取り除いてしまった水は、大腸菌や病原体などの微生物が繁殖しやすい状態になります。ですので、浄水器を通した水道水はすぐに飲まなければなりません。
とくに夏場に気を付けなければならないのは、浄水器を通した水をペットボトルに入れて持ち歩くことです。使用後のペットボトル自体に雑菌が入ってしまっている可能性があるので、腐りやすい状態にあるためです。

水を腐らせないためには

ペットボトルに水を入れておく場合は、第一に浄水器を使わずにそのまま水道水を注ぐことが重要で、第二に口を付けたペットボトルを使用してはいけません。
清潔なペットボトルに水道水をそのまま入れた場合は、涼しい場所で数日、冷蔵庫の中に入れておけば10日間は飲める状態だとおもいますが、おすすめはしません。

非常用で利用されるミネラルウォーターは以上のような腐る原因に対応しており、不純物が少なくなるように調整され、また空気中の細菌と触れないように密封してあります。そのため、長期間の保存が可能となっているのです。

参照元:東京都水道局