水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

夏野菜の揚げびたし

2021/07/21

夏は野菜が特に美味しい季節。好きな野菜を揚げて、つけ汁に浸すと美味しく召し上がれます。残ったつけ汁はそうめんの汁にして2度楽しむこともできます。

材料(4人分)
  • つけ汁:出し汁 3カップ・醤油 大さじ4・てんさい糖(又は上白糖) 小さじ2・みりん 大さじ2
  • なす:3本
  • かぼちゃ:1/6個
  • ピーマン:2個
  • いんげん:5本
  • 人参:小1本
  • ごぼう:1/2本
  • 赤・黄パプリカ:各1/4個
  • 赤唐辛子:1本
    他お好みの夏野菜:適宜
    揚げ油:適量

 

作り方

  1. お鍋につけ汁の材料を入れてひと煮立ちさせたのち、赤唐辛子を入れ、汁を冷ましておく。

  2. なすは縦半分に切り、さらに斜め半分に切る。かぼちゃは5㎜の薄切り、ピーマンは縦に4等分して種を取る。人参は1㎝角の拍子切り、ごぼうは1㎝幅の斜め切り、赤・黄パプリカは一口大にし切っておく。いんげんはそのままで。

  1. 180℃に熱した油で2.を全て揚げて、野菜から出る泡が細かくなってきたら、冷ましておいた1.にすばやく入れていく。

  2. 30分くらい味をなじませる。
    ★漬けたまま2~3日冷蔵庫で保存すると、さらに味がなじんで美味しくなります。

夏の定番にいかが?

つけ汁を「そうめん」に!
残ったつけ汁は、そうめんや蕎麦の汁に使うと、野菜の旨味がいいアクセントに。2度楽しめて、ちょっとトクした気分になります♪ 濃いようなら水で少し薄めればOK!