水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

断水でも品切れの心配無用!ウォーターサーバーの宅配水

被災したとき、真っ先に確保すべきなのが安全です。 ご多分にもれず、水もその1つで、「東日本大震災」の際は、あらゆる販売店の水が売り切れになりました。 このように有事になると長期的な断水や停電に加え、ほしいものが手に入らなくなる恐れがあるため、日ごろから意識的に備蓄する必要があります。 そのため、水道水やミネラルウォーターなど普段から水の備蓄に努めることが何より重要となります。

推奨される水の備蓄量とその方法

水の備蓄にも「飲料用」「洗浄用」と2通りあります。洗浄用水はお風呂やバケツ、ポリタンクにためるなどして備えますが、飲み水に関しては保管面で優れた天然水・ミネラルウォーターを購入して備えるほうが理想的とされています。
ただし、水にも賞味期限があり、備蓄しておいても知らず知らずのうちに期限が切れている場合があります。それを考えると物置に長期保管しておくよりは、定期的に消費して新しく買い足していくのが無理のない方法といえるでしょう。

また、震災後の流通網復旧には3日かかるとされているため、飲料用水もそれに併せた3日分が理想とされています。
1人当たり1日あたり3リットル、これを3日分つまり9リットルほどの備蓄があれば安心でしょう。そうすると水の総備蓄量は9リットル×人数になり、これだけの量を購入し運搬するのは体力的にもしんどいものがあります。車があれば話も違ってきますが、定期的に行う必要があるため、やはり骨が折れるものです。

手軽に水を備蓄するならウォーターサーバー

そうした方にお勧めなのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーを設置すると、あとは業者が定期的に宅配水を用意してくれるため、肉体的な負担はほぼありません。
一度に数10リットル宅配される事が多いため、備蓄においても問題ありませんし、賞味期限の近いものから消費していくように努めれば、期限切れによる廃棄の心配もありません。流通網の復旧や次回宅配まで余裕を持って過ごせるわけです。
さらに停電の際も影響を受けることなく使用することができるタイプものもあります。ただし、冷水・温水は維持できない場合もありますのでご注意ください。
また、宅配される水は業者が管理しているため、在庫が買占めによる品切れなどの影響を受けることもなく通常通り配送されます。

保存期間が長い、ミネラルが豊富、特殊なフィルターを使用した純水など現在「水」は様々な形で提供されています。水の備蓄も保険の一つと考え、ご自宅のライフスタイルに合った水を選び、いつ起こるか予想できない震災に備えておきましょう。