水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

ウォーターサーバーの掃除で細菌除去!

2019/02/25

ウォーターサーバーを選ぶ上では、衛生面もひとつの大きな判断基準になるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに菌は繁殖するの?

一般的に水道水にはカルキが含まれているので塩素による消毒を行っています。そのため、腐りにくい傾向にあります。一方ウォーターサーバーの水は、美味しさを保つためにカルキでの消毒は行っていないため、注意が必要です。

また、それに加えて室内での保管となるため、ほとんどの場合常温保存となります。そういった環境にあることも細菌の繁殖を誘発してしまうのです。

利用する際に手が当たってしまったりすることで、サーバーの通水口が菌の繁殖場所となることが多く、場合によってはぬめりが出てくることもあります。

すぐに人体に影響が出ることはあまりありませんが、放置しすぎると中には人体に有害な菌が繁殖する場合もあるので定期的なお掃除やメンテナンスはしておく必要があるでしょう。

ウォーターサーバーの毎日の掃除方法は?

ウォーターサーバーの掃除方法は、まずボトル交換口をふきんでふきとり、周辺に付着しているほこりなどを取り除きます。

そのあとに市販のアルコール系の消毒液で殺菌します。また、この時ウォーターサーバーの突起部分に直接触れてしまうと菌の繁殖につながるので気をつけましょう。

次に蛇口部分の掃除です。蛇口は水が付着したままになっていると菌が繁殖しやすいため綿棒を使って蛇口のなかの汚れを取り除きます。また乾いたふきんでふき取り、最後に交換口と同じようにアルコール系の消毒液で殺菌します。

また、本体の背面やプラグ部分はほこりがたまりやすい場所となっているため、定期的に乾いた雑巾などでふき取った方がよいでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンス方法は?

ウォーターサーバーは毎日の掃除とは別に定期的なメンテナンスが必要です。
その方法は大きく分けると「外部メンテナンス」と「内部メンテナンス」となります。

外部メンテナンスは基本的には自分で行うことができます。
ボトル周りや水が出る蛇口部分、受け皿など分解してアルコールなどで汚れを取り除きます。特に蛇口部分に関しては、雑菌が繁殖しやすい部分なので念入りにクリーニングしましょう。