水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

どうせ置くならオシャレがいい!インテリア向けウォーターサーバー

最近はキャラクターが入っている凝ったデザインやインテリア性の高いウォーターサーバーが多く見られるようになりました。 少し前までは白いサーバー本体にボトルを設置するタイプのみでしたが、各メーカーの参入により競争が激しくなったこともあり、機能面に加えオシャレなウォーターサーバーが増えつつあります。

豊富な種類から部屋に合ったウォーターサーバーを選ぶ

昔に比べ、ウォーターサーバーのカラーバリエーションが多く増えました。
業者によって選べるカラーは限られているものの、お部屋のインテリアとして考えた場合、大きな判断材料となるはずです。
機能的に大きな差はないため、カラーをメインに選ばれる方も多いと言われます。
現在流通しているカラーは主に以下の通りです。

・ブラック
重厚感、高級感を抱かせるカラーです。
男性的で無骨な印象を含む反面、洗練され磨き上げられた印象も併せ持っているため、場を引き締めたいときなどに有効なカラーです。
・ホワイト
清潔感があり、明るいイメージを持つことからよく選ばれるカラーです。
汚れや穢れを厳禁とするイメージカラーであることから、最も水と相性の良いカラーと言えます。
・グリーン
リラックスにおいて最も効果的なカラーとされ、興奮を沈め集中力を高めるといわれています。
自然の色であることから、室内にナチュラルな雰囲気を出したいときにお勧めです。
・レッド
生命をつかさどる色であることから、やる気や元気を引き出すカラーとされています。
また、温もりや暖かさを抱かせるイメージカラーとしても知られます。
・ピンク
幸せ・思いやりなど女性らしいイメージをもつカラーです。
やわらかく愛情あふれる印象を与えてくれます。
・ブルー
まさに水を連想させる色であり、赤とは逆に興奮を抑え、冷静にするイメージカラーです。
ブルーの持つ涼しさや爽やかさといった印象が、ミネラルウォーターの清涼感にマッチしていると言えるでしょう。

他にもブラウンやベージュ、パステルカラー系もあり、どの色を置くか悩みどころとなりそうです。

色だけじゃない!形状のデザインにもこだわったウォーターサーバー

カラーバリエーションが豊富になりつつある中で、従来のウォーターサーバーとは異なった、まさにインテリア性の高い形状を持ったものが増えています。

・置き台が専用の木製スタンドとなっており、その上に設置するタイプ
・従来のボリュームをはるかに抑えた、卓上タイプ

このようにカラーや形状が豊かになってきた今、各家庭の個性を表現するサーバー選びが可能になりました。
皆さんも導入される際は、インテリア性を踏まえてご検討されてみてはいかがでしょうか。