水との新しい付き合い方をご紹介

水とライフスタイル

水ダイエットの本当の効果と正しいやり方

2020/12/14

水ダイエットは気軽に実践できることから、継続しやすいのが魅力。しかし、ただ水をたくさん飲んだり、食事と置き換えたりすれば良いという単純なものではありません。正しい水ダイエットとは、どのようなものなのでしょうか? この記事では、水ダイエットの効果や正しい実践方法をご紹介します。

水ダイエットの本当の目的と効果

水ダイエットとはその名のとおり、水を飲むことによるダイエット効果を期待するものです。

しかし、単純に水を飲めば体重が落ちるという単純なものではありません。なぜなら、水を飲むことで脂肪が直接燃えるわけではないからです(水にそのような効果は一切ありません)。

また、水ダイエットは、水と食事を置き換える方法でもありません。食事を我慢して水を飲めばたしかに体重は減りますが、これは極端なカロリー制限によって体重が落ちただけです。健康的な痩せ方ではありませんし、筋肉が分解されて基礎代謝が落ちるので、リバウンドのリスクも高まります。

水ダイエットの目的と効果とは、どのようなものなのでしょうか?

◇ 基礎代謝の向上

私たちは何もせずにじっとしているときでも、生命を維持するためにエネルギーを消費しており、これを基礎代謝と呼びます。実は24時間で消費するエネルギー量のうち、約60%が基礎代謝によるもの。エネルギー消費量を上げる場合は、いかに基礎代謝を向上させるかが重要です。

水を飲むと体内が冷やされ、冷えた体温をもとに戻すため血行が良くなります。血行が良くなることで代謝がアップし、エネルギーを消費しやすい状態になるのです。

関連記事:うるのん|水を飲むと健康にいいのは本当?健康効果がある水の種類と正しい飲み方

水を飲むと痩せやすくなると感じるのはこのためです。

◇ 食欲を抑える

ダイエット中は空腹がつらいですよね。

「我慢しなくては…」と思えば思うほど、そのストレスが原因で、たくさん食べてしまうこともあるかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、食事の30分前に500mlの水を飲むこと。水で胃がふくれ、満腹感を得やすくなるため、食事量をコントロールしやすくなります。

参考:食事前に水を2杯飲むだけで体重を減らせる 体重が4kg以上減少|糖尿病ネットワーク

コップ2杯程度の水で食べ過ぎを防ぎ、空腹によるストレスも緩和できるのはうれしいポイントですよね。

◇ 排便を促す

水分が不足すると、便が硬くなり便秘の原因となります。

便秘は血の巡りを悪くするため、血液がドロドロになる一因です。ドロドロになって血流が停滞すると、栄養が細胞に吸収されず、脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。また冷えやむくみなどを引き起こすことも。水分摂取で便をやわらかくして、便秘を防ぎましょう。

また、スムーズな排便に効果的なのが、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むことです。腸のぜん動運動を活発にするため、排便を促すことができます。

水ダイエットの正しいやり方

水を飲むことには多くのメリットがありますが、ただ水をたくさん飲めば良いというわけではありません。

ここでは、水ダイエットを効果的に行なうための方法をご紹介します。

◇ 水をこまめに飲む

1日に飲む水の量は、1.2リットル程度。コップ1杯が200mlだとすると、一日にコップ6杯程度が目安です。水は回数を分けて、こまめに摂取するようにしましょう。一度に大量に飲んでも、すべての水を吸収することができないからです。

飲むタイミングは起床直後に1杯、食事の30分前、入浴の前後、就寝前に1杯飲むと、だいたい一日の目安摂取量になります。また運動の有無や気温によって、摂取する水の量は調整が必要です。

水は生命の維持に欠かせない大切なものですが、水を一気に大量に飲み過ぎると水中毒を引き起こす危険性も。飲み過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

関連記事:水を飲み過ぎるとどうなるの?身体によい水の飲み方とは

◇ 冷やしすぎた水は避ける

冷たい水は内臓に負担がかかり、消化機能が低下してしまいます。水の温度は、だいたい8~13度か、常温のものがおすすめです。冷たすぎず、身体にも優しいですよ。

また秋から冬にかけての季節は白湯もおすすめ。白湯を飲むことで体温が上昇し、内臓の働きも活性化するため、基礎代謝の向上に役立ちます。

関連記事:ウォーターサーバーで白湯作りが簡単に!白湯で健康効果を実感しよう

◇ お酒を飲む方は脱水症状に注意

アルコールを好む方は、脱水症状に要注意です。アルコールには利尿作用があり、さらにアルコールを分解するためにも水分を必要とするため、たくさんの水分が身体から失われます。

なかでもビールは利尿作用が強く、1リットルのビールを飲むと、1.1リットルの水分を失うといわれています。お酒を飲む場合は、一日に飲む水の量も増やすようにしましょう。

◇ 水の種類について

水ダイエットで飲む水は水道水でも大丈夫です。ミネラルウォーターと比較して、効果が落ちるわけではありません。ただ水道水は、人によっては風味に少し癖があると感じるかもしれません。もしおいしく飲めない場合は、浄水器を取り付けて残留塩素を除去するとよいでしょう。

また、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を活用するのもおすすめです。おいしさに優れており、楽しく水ダイエットを続けることができますよ。

>> うるのんの水の詳細はこちら

フレーバーのついていない水を飲むことが苦手な方は、デトックスウォーターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

野菜やフルーツ、ハーブなどで自分好みのフレーバーを作ることができますよ。

関連記事:デトックスウォーターに効果はある? 作り方やおすすめレシピを解説!

まとめ

水ダイエットは気軽に始めることができ、しかも基礎代謝アップや便秘の改善などのメリットがたくさんあります。しかし効果的に水ダイエットを行なうには、水の正しい飲み方を把握した上で実践することが大切です。

あなたもまずは起き抜けのコップ1杯から、水ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?

参照元